みかんの木を眺める余裕もまだ残ってました